ホーム > ボランティアセンター > ボランティアセンター・ボランティア保険

ボランティアセンター・ボランティア保険

ボランティアセンターとは

主にボランティア活動を行いたい人と、ボランティアの手助けがほしい人との橋渡し役と、ボランティア活動を進めるためのお手伝いの仕事を行っています。
地域住民によるボランティア活動・福祉活動が活発に行われるよう、いろいろな事業を考えます。また、地域でボランティア活動を行っている各種団体などと連携を図りながら、いつでも誰でも参加できるボランティア活動の拠点づくりを行い、住民が共に支え合うことによって、地域に住むすべての人が、心豊かに暮らすことができるまちづくりを目指しています。

1 相談・援助

「どんなことから始めよう?」 「ボランティアに協力をお願いするには?」などボランティアに関する相談を受付けます。また、ボランティアグループ発足のお手伝いや活動のアドバイスを行います。

2 学習・研修

ボランティア活動に興味がある方に、体験講座やボランティア講座などを開催します。 また、地域の福祉教育推進に努めています。

3 情報提供

情報誌の発行や窓口・電話などでの問合せにより、ボランティアに関する情報をお知らせします。

4 活動支援

地域のボランティアグループなどの活動への支援・協力を行います。

5 ネットワークづくり

個人ボランティア、ボランティアグループ、関係団体などとの橋渡しを行います。

6 その他

資器材の貸し出し、ボランティア保険の取り扱い等で活動を支えます。

ボランティアセンターへの登録

ボランティアセンターに登録されたグループには、
南知多町社会福祉協議会から次の支援を受けることができます。

  • ボランティア活動保険加入料の一部助成
  • 南知多町総合体育館等の公共施設の減免
  • ボランティアグループ助成金の交付(助成金交付要綱による)
  • 南知多町ボランティア連絡会への参加
  • ボランティアに関する情報、町内外の講演会や講習会の案内等の提供
  • ボランティアグループの要望に基づいた講座の開催
  • 南知多町ボランティアセンター・南知多町社会福祉協議会の備品の貸出

貸出できる資器材

  • プロジェクター
  • スクリーン
  • 携帯用アンプ・マイク
  • CDラジオWカセットデッキ
  • ビデオカメラ(撮影データは各自で保存のこと)
  • DVD
  • 各種ゲーム(実物大ボウリング、ストラックゲーム、スカットボール他)
  • 車いす
  • 高齢者擬似体験セット
  • 点字器
  • アイマスク
  • その他必要と認められる既存の備品

ボランティア保険のご案内 ~まさかに備えて保険加入を~

「ボランテイア活動保険」は、ボランティア自身がボランティア活動中にけがをした場合の「傷害」と、第三者に損害を与えた場合の「賠償責任」をセットにした保険です。
「ボランティア活動等行事用保険」は、ボランティアの関わる行事中の事故において、主催者の責任を補償するものです

ボランティア活動への往復途上の事故も補償の対象となります。
1日の入院でも入院保険金は支払われます。

※詳細は愛知県社会福祉協議会のHP「福祉の保険」へ

※加入手続・問い合わせは、南知多町社会福祉協議会へ

《お問い合わせ先》
南知多町社会福祉協議会 【電話】(0569) 65-2687 【FAX】(0569) 65-2913

>>お問い合わせフォームはこちら