ホーム > 社会福祉協議会とは > 概要と組織図(年表)

概要と組織図(年表)

社協とは

社会福祉協議会は、社会福祉活動を推進することを目的とした営利を追求しない民間組織で、社会福祉法に基づき設置されています。

社協は、地域に暮らす皆さまのほか、民生委員・児童委員、社会福祉法人等の社会福祉関係者、保健・医療・教育など関係機関の参加、協力のもと誰もが安心して暮らすことができる「福祉のまちづくり」を目指しています。 各種の福祉サービスや相談活動、ボランティアや住民活動支援、共同募金運動への協力など、地域の特性に応じた活動から全国的な取り組みまでさまざまな場面で地域の福祉増進に取り組んでいます。

そして非営利組織であるため、その運営は皆さまからの会費や寄付、共同募金や行政からの支援で成り立っています。

社会福祉協議会の歴史

社会福祉協議会は昭和26年1月に誕生しました。組織化されていなかった民間の社会福祉事業団を一本化するために厚生省の指導により、「中央社会福祉協議会」(現在の全国社会福祉協議会)が発足し、その年内にすべての都道府県で社会福祉協議会が誕生しました。

南知多町社会福祉協議会は昭和37年に発足し、昭和62年6月17日に法人化され、現在に至っています。「民間」としての立場を生かした柔軟な福祉サービスを提供できるよう努めていきます。

組織概要

名称 社会福祉法人 南知多町社会福祉協議会
住所 〒470-3412 愛知県知多郡南知多町大字豊浜字須佐ケ丘1番地
TEL 0569-65-2687(代)
会長 内藤 宗充

社協の組織

社会福祉協議会は通称「社協」と呼ばれており、「福祉のまちづくりをすすめるための民間の中核団体」として全国の市町村に設置されています。

市町村以外に、都道府県・指定都市にも設置されており、さらに全国社会福祉協議会という組織があります。

南知多町社会福祉協議会の現在の組織は、理事15名、監事2名、評議員31名であり、地域の住民組織の代表や福祉団体、当事者団体、関係行政機関等で構成されております。

定款・規程

南知多町社会福祉協議会定款(pdf/262KB)
南知多町協議役員等の報酬及び費用弁償に関する規程(pdf/124KB)

南知多町社会福祉協議会の組織

(1)役員・評議員
理事 15名(会長1、副会長1) *選出区分
・住民代表的性格・福祉専門機関
・当事者団体的性格
・関連分野団体・知識経験者
監事 2名
評議員 31名 *選出区分
・住民代表的性格
・福祉専門機関団体的性格
・当事者団体的性格
・関連分野団体
・社会奉仕活動団体的性格
・知識経験者

南知多町社会福祉協議会役員名簿(pdf/72KB)
南知多町社会福祉協議会評議員名簿(pdf/105KB)

(2)職員 51名(平成28年4月1日現在) 職員内訳
事務局長 1名
社協事務局 4名
居宅介護支援事業 4名
訪問介護事業 6名(正規職員5名、臨時職員1名)
訪問介護事業(登録ヘルパー) 24名
生きがい活動支援事業(臨時職員) 6名